自閉症スペクトラム

▼

自閉症スペクトラムのシーン別対処・改善方法記事一覧

【バスの席にこだわり】お子さんにパニックを起こさせない3つの方法

アスペルガー障害など自閉症スペクトラムのお子さんにありがちな、バスの席へのこだわり。よくありますよね。そんな時、お母さんは周りの目も気になるし、パニックをなだめるにも一苦労どころではすみません。でも大丈夫!そんな時に役立つ3つの方法があるんです。これを知らなきゃいつまでもバスに乗るのを避けるか、パニ...

≫続きを読む

【一番以外はダメ】順番を待てないお子さんへの3つの対処法

小さければ小さいほど、お友達やきょうだいに順番をゆずることって難しいですよね。でも、こだわりのあるアスペルガー障害、自閉症スペクトラムのお子さんにとっては、年齢が上がっても順番待ちができない、一番じゃないならやらない!などとキレてしまいがち。なぜなら、どれくらい待てばいいかという時間間隔というあいま...

≫続きを読む

これが知りたかった!子どものパニック時のかんしゃくを抑える3つの方法

こだわりの強さが特徴のお子さんは、自分の予想していたことと違うと、頭の中が混乱しがち。なぜなら見通しを自分で持つことができないから。だから、事前にどうなるかを知らせてあげないとパニックが起こりがち。一度パニックが起こるともう誰の言葉にもうまく耳を傾けられません。だから、なるべくかんしゃくになる前に、...

≫続きを読む

【偏食・動き回る】食事に集中できないお子さんへの5つの対策

食べることは生きることの基本中の基本です。体だけでなく心にも大きな影響を与えます。なぜなら、単に栄養を摂るだけでなく、満足感や楽しさを味わう魅力があるから。しかし、発達障害のあるお子さんにとって「食べる」という機能自体も段階的に発達をしていきゆっくりです。だから、上手に食べれないなんてことはよくあり...

≫続きを読む

【外食が不安】こだわりの強いお子さんのための5つのポイント

こだわりの強いお子さんにとって、外食は不安のつきまとうイベントの一つ。でも家族でおでかけした後に、外食して帰ろうなんてことはよくありますよね。そうすると、こだわりのあるお子さんだけが、イライラしたり不安でパニックを起こしそうになったりと中々スムーズにいかないことがよくあります。そこでそんなお子さんの...

≫続きを読む

感覚過敏のあるお子さんへの5つの対処法をご紹介!

発達障害のお子さんは、他の人が気にならないレベルの光や音、触られるなどいろいろな刺激にとても不快感を感じます。なぜなら、感覚過敏性という特殊な性質をもっているから。ある程度の慣れは可能なものの、やはり生まれつきのものです。だからできるだけ刺激となるものを避けたり道具などを使った工夫が大切です。そこで...

≫続きを読む

【友達に順番を譲れない】変えないこだわりへの3つの対処法

発達障害を持つお子さんは、常に不安や恐怖、緊張などマイナスの気持ちでいっぱいなことがよくあります。だから、できるだけ自分の状況、環境を変えたがりません。つまり、変えないことで、自分に安心感を得られるようにしているのです。これはさまざまなところで見られますが、特に周りの友達などに順番を譲れないことがよ...

≫続きを読む

【遠足・発表会・お泊り】日課を変えるのが苦手なお子さんへの3つの対処法

日課だけでなく、発達障害のお子さんは何かを変えることが嫌いです。なぜなら、日々不安や恐怖にさいなまれていて、変えないことで安心を得ているから。特に、幼稚園、保育園や学校などでは、通常の日課通り過ごすことを好みます。例えば運動会や何かの発表会、遠足やお泊りの行事など、通常とは違うことがあると、パニック...

≫続きを読む

【あいづちをうてない】を改善!3つのコミュニケーションスキルの方法

自閉症スペクトラムのお子さんは、目に見えないコミュニケーションの方法、規則性がわかりにくいのです。だから、あいづちや身振りも難しいのです。でも実際のコミュニケーションではとっても大事なこと。例えば、会話中に全くうなづきがないと誰でも不安感、不快感を感じますよね。いつもお子さんが人からこう思われてたら...

≫続きを読む

【空気が読めない】子どもへ有効な3つの感情スキルトレーニング方法

自閉症スペクトラムのお子さんは、相手の気持ちを推測することがとっても苦手。だから、しばしば空気が読めないなどと言われてしまいます。しかし、実際は相手の気持ちという前に、自分自身の気持ちを理解したり表現することが苦手なのです。だから、まずは自分の心の中にある気持ちに気付くことから始めましょう!これをし...

≫続きを読む

排泄のお悩みどうする!?おうちでカンタンにできる3つの改善方法

排泄は生きていく中で必ず必要なことです。だからこそ、ちゃんとできないと困る、と考えてしまいがち。でも実際は、排泄の自立には段階がありあます。例えば赤ちゃんのトイレットトレーニングを思い出してみて。まずはオムツに排泄物がたまると不快→泣いて知らせる→オムツを交換してもらう→自分で出る前に知らせる→トイ...

≫続きを読む

【水が嫌い】お風呂がスムーズにいく3つのポイント

発達障害のお子さんは、水が嫌い、苦手な子が多い傾向にあります。なぜなら、感覚が敏感、つまり触覚過敏があるから。一般に、人は水やお湯をかけても冷たい、熱いと思うだけで痛みを感じることはないかと思います。しかし、発達に偏りのあるお子さんにとっては、水に触れる=チクチク痛いと感じることがよくあります。だか...

≫続きを読む

【嫌がったり逃げ回ったり】体育が苦手なお子さんへの3つの配慮

体育の授業になると、授業に出るのを嫌がったり、逃げ回ったりするお子さんがいます。ただ単に、どうしようもないわと思われがちですが、それには本人ならではの辛さがあります。

≫続きを読む

図工が苦手なお子さんへの3つの配慮ポイント

発達障害のあるお子さんの中には、図工の授業が苦手で取り組まなかったりすることがあります。また、教室からとびだしてしまう、作品を壊す、など不適切な行為をしてしまい、先生にも友だちにも注意されがち。しかし、これらには3つの理由があります。

≫続きを読む

【季節はずれの服を選ぶ】洋服にこだわりのあるお子さんへの対処法

自閉症スペクトラムをお持ちのお子さんの中には、冬でも半袖一枚、春になってもコートを脱がないなど、季節はずれの洋服を着がち。また、色や形、素材にこだわりがあったりすることも。このような洋服にこだわりのある理由は3つあります。

≫続きを読む

【没頭】ゲームやパソコン、漫画などから抜け出せないお子さんへ対処法

お子さんの中には、暇さえあればゲームやパソコン、漫画などに没頭して抜け出せない、なんてことがよくあります。やめさせてもやめない、勉強はどうするの?などお母さんはとっても心配。こうなってしまうのには次のような3つの理由があります。

≫続きを読む

【家に帰ると勉強しない】お家で宿題ができるようにするための3つのポイント

学校ではそこそこ勉強するのに、おうちになるととたんに勉強しないお子さんがよくいます。特に、宿題をやらないとなると、学校でも叱られるし、お母さんが注意を受けることもしばしば・・・ではなぜ宿題ができないのでしょうか。その理由は3つあります。

≫続きを読む

せっかくの休みの日なのに…休日を上手に過ごせないお子さんへの3つのポイント

発達障害のあるお子さんのなかには、お休みの日に余暇をうまく過ごせないことがよくあります。だから、お休みの日となると、おうちの中でごろごろしたり、ぼーっとしていたりして、余暇を上手に過ごせません。その理由は3つあります。

≫続きを読む

【朝の準備ができない】お子さんが準備できない理由と3つの対処法

保育園や幼稚園では、まず朝ぼうしやかばんを閉まったり、一連のおしたくから始まります。でもそれができないお子さんがいます。それには3つの理由があります。

≫続きを読む

【着替えが上手くできない】遅い・嫌い…そんなお子さんへの対処法

保育園や幼稚園ではお着替えの時間がけっこうあります。でも、このお着替えの時間になると、ぐずったり怒ったり、逃げ回ったりすることがよくあります。これには3つの理由があります。

≫続きを読む

【移動時に一番最初に並びたがる】最前列しかダメなお子さんへの改善方法3つ

園でも小学校でも別の教室や場所に移動することってよくありますよね。そんなとき、絶対自分が一番最初に並ばないと気が済まないお子さんがいます。なぜなら、前後に人に挟まれるのが感覚的に苦手なことが多いから。また、列に歩調を合わせて歩くと混乱することがあるから。つまり、決してわがままだけでそうしているのでは...

≫続きを読む

【友達の持ち物を奪う】お子さんへ気持ちをぐっと抑えるための3つの対処法

保育園などの集団生活の場面はもちろん、公園や子育て広場など子どもがたくさん集まる場所で、人の物にすぐ手を出してしまうことがあります。例えば、お友達のおもちゃや道具をぱっと奪ってしまうことがあります。また、共有の物の場合は自分が使っていた=自分の物だと主張しちゃったり・・・このようなことをしてしまうに...

≫続きを読む

【片付けられない子ども】何度教えてもできない時の3つの対処法

お子さんによっては、「そろそろごはんだから片づけよう」とといっても遊びをやめない、または新たな遊びを始めるということがありませんか?また、園などでもお片付けの時間になると、逃げ出したり別のおもちゃで遊び始めたりなんてことも・・・このような行動をしてしまうには3つの理由があります。

≫続きを読む

【いつも何かに触れてないと気がすまない】子どもの不安対象を見極める3つのポイント

いつもお気に入りのタオルやぬいぐるみをもっていたり、人や友達の皮膚が好きで触っているお子さんがいます。いつも頻繁に触っていることもあるかもしれません。しかし、大体は、心細いときや不安なときなどにその傾向が強まります。例えば、保育園や幼稚園などでいうと、刺激が多くざわざわしているところでは、刺激が強す...

≫続きを読む

【園から家に帰りたがらない】子どもに帰る時間を理解させるための3つのポイント

保育園や幼稚園で、お母さんと離れるのが寂しくて泣きわめくことはよくありますよね。でもそれとは真逆でお母さんが迎えに来ると、帰りたがらないお子さんがいます。お母さんが迎えにくると怒り出したり遊びがやめられなかったり、新たな遊びを初めてしまったりなど・・・これには以下の3つの理由が考えられます。スムーズ...

≫続きを読む

【休み時間にみんなと遊べない】子どもが友達の輪の中に入るために教えてあげたいこと

休み時間になると、みんなと過ごしたくなくてどこかに行ってしまう、遊ばないお子さんがいます。大体ほかのみんなは校庭で元気よくかけずりまわっていたりしますよね。でもいつも一人で本を読んだり、トイレや静かなところで過ごしたり、先生のところにくっついているなど、友だちと遊ばないと先生にも心配されがち。自分自...

≫続きを読む

グループでの話し合いに参加できないお子さんへの3つの対処法

グループから抜け出したり不機嫌になったり、班活動になったとたんに、不適切な行動をとってしまう学校に入ると班活動というものがとても重要視されてきます。何かを決めたり、何かを選んだり作ったりなど、3〜5人くらいのお友だちと共同作業するようになりますよね。でも発達障害のあるお子さんにとって、このような、班...

≫続きを読む

人にすぐ注意をしてしまうお子さんへの3つの対処法

友だちのちょっとした間違いを指摘、揚げ足をとり、関係もぎくしゃく・・・発達障害のお子さんの中には、人の間違いにとっても敏感で衝動的に注意してしまうことがあります。その理由は、対人関係がうまくいかず不器用だったり、過度な正義感、こだわりがあるから。また、行動が荒れている場合も人への強い指摘が目立つこと...

≫続きを読む

学校・友達間のルールがわからないお子さんへの3つの対処法

非常識な態度だと思われて、非難されがち・・・自閉症スペクトラム障害のお子さんは、こんなこと言わなくてもわかるじゃん!ってことがわかりません。普通、自然に身についてくる、いたって普通のやりとり、カンタンなルールのようなものが自然には身につかないのです。でも、周囲は自然に身についているのが普通だと思って...

≫続きを読む

【自閉症スペクトラムと診断された】普通のわがままと違うポイント

どんな子どももある程度のわがままはありますよね。でも特に自閉症スペクトラムのお子さんは、わがまま、自己中と言われてしまう頻度が高まってしまいます。それはどうしてでしょう!?普通のわがままとはどんな感じのことをいうのか、自閉症スペクトラムと診断されるわかがままとの違いについて、徹底解説しちゃいます。こ...

≫続きを読む

アスペルガー(自閉症スペクトラム障害)って天才が多い!著名人から得る将来への展望

世界的に著名な物理学者、数学者などの研究者、IT関連企業の社長などがアスペルガー障害ではないかという説はとっても有名です。これらの天才とも呼ばれる人たちって、論理的な思考力が並外れていたり、日常生活ではちょっと変わっていたり・・・実際に、このような卓越した能力とアスペルガー障害との関連があるのではな...

≫続きを読む


自閉症スペクトラム ADHD・ADD関連 学習障害(LD) 発達障害全般