犯罪を起こす? アスペルガー

心配を安心に変える策

たまに新聞やニュースで、精神鑑定の結果アスペルガー障害と認定・・・なんてことを目にすることがありますよね。

そういうのを聞く度に、うちの子も事件に関与するのかしら?と怖くなること、ありますよね。

 

また、祖父母や親戚に心配されたりして、お母さん自身が肩身の狭い思いをすることがありますね。

 

もちろんそういうケースもあります。でも、全部がそうでないですし、正しい知識をつけることで、必要以上に心配しすぎないことが大切です。

 

発達障害がらみの犯罪の内容

 

・殺人や傷害致死など重大事件は極めて稀

 

他の少年犯罪が、物欲、金銭欲、人間関係や金銭関係のもつれ、うらみや葛藤なのに対し、自閉症スペクトラムなどの事例では、極度の興味関心だったり、コミュニケーション障害のために起こるものが多くを占めています。

 

例えば、特定の興味、関心を追求しての盗み見、予期しない状況化でパニックを起こしてしまい、他者に危害が及ぶ場合、性に関する非行や収集癖など。

 

・悪いグループの人から誘惑されるケース

発達障害のお子さんは、素直で純粋ななお子さんが多いです。それを利用して悪質なグループなどに、誘惑されてやらされるケースもあります。

 

 

多くは、人を困らせようとする悪意のあるのもは少なく、自分の興味関心についてのべることが多い傾向にあります。

 

また、他の少年犯罪と比べて、発達障害のお子さんは、注意を受けると素直に指導に従うことがほとんどです。

 

 

ただ、これらもそんなに多くあるわけではありません。全部がこれで説明できるわけではありませんし、みんながこうなるわけではありません。

 

間違った方にいかないために

 

興味、関心が強くても、みんながみんなこういう行動をとるわけではありません。大体はそのような事件を起こしません。

 

・犯罪を起こす、加担してしまう理由

 

先程のような問題点の他に、他の多くの犯罪も同様、やはりストレスによる理由も見受けられることがよくあります。

 

例えば、それまで過ごした学校生活での多くの困難さを抱えていたこと、就職がうまくいかない、家族との口論が耐えない、理解してもらえる人がいないなど、さまざまな心的苦労があることがほとんどです。

 

・犯罪に巻き込まれないためには・・・

 

小さい頃から、発達障害であるということに、引け目を感じたりせず、また本人から逃げることなく、寄り添う気持ち、ココロの居場所、社会支援の利用などさまざまなサポートを適切にする環境が大切です。

 

また、逆に障害の影響を軽視されたり、発達障害に気付かれないことで起こることもよくあります。

 

診断はレッテルはりのために行うのではありません。診断に基づいた適切な支援を得るためのもの。だから、恐れず、専門機関を受診して、正しい、診断、適切な支援情報を得ることが最も大切です。

 

愛情豊かな家庭で普通に育ち、入園、入学の前には適切な判断、診断を早めにうけ、早期から適切な対応、トレーニングなどを開始すること、信頼できる専門家に定期的に受診することなど、やはり普通の人と同じように、ストレスをためないことが一番の策となります。

さいごに

ちょっと重い話をしてしまいましたが、熱心にお子さんのことを考えているこれをご覧のお母さんは、そんなに心配しなくて大丈夫です。

 

お子さんのちょっとした変化に気づき、お子さんの居場所が酷なものではないか、それを確認したり、信頼できる専門家を持てば安心ですよ!


自閉症スペクトラム ADHD・ADD関連 学習障害(LD) 発達障害全般