片付けができないとADDって本当?ADHDとは違うの?

さて、今回ご質問にこられたお母さんのご質問は・・・

 

今話題の「片付けられない」子ってADDってほんと!?ADHDとは違うの?片付けられない=ADDなの!?

 

というものです。よく混同されるADHDとADDの違いと、片付けられない状態について、わかりやすくお答えしちゃいます!

DHD、ADDの片付けられない状態とは!?

・ADHDとADDの違い
ADHDというのは、注意欠陥多動性障害のこと。つまり、落ち着きがない、ソワソワしている、すぐにかっとなる、忘れっぽいなどなど・・・

 

よく言われるADDというのは、この注意欠陥多動性の多動性の状態がないものをさします。

 

つまり、落ち着きがなくじっとしていられない、衝動的になる、などの部分が少なく、注意・集中が続かない、ついうっかり忘れてしまう、などの症状がメインのものをいいます。

 

ADHDと一緒にひっくるめて解説する場合もよくあります。だからお母さん方が本などで調べようと思うとき、そんなに厳密に区切らなくても、大丈夫。ADHDの解説書の中で、お子さんに該当するところを読むといいと思います。

 

・片付けられない状態とは
ADHD、ADDのお子さんで片付けられない状態というのは、脳の機能に問題があるために、起こるのです。

 

例えば、以下のような3つのことがしばしば起こります。

 

1.片付けようと思っていても何か別のことを見たり聞いたりしたらそちらに気を取られて片付けることを忘れてしまう

 

2.物を種類別、機能別に分類したり区分けするのが苦手

 

3.元に戻すことを忘れてしまう

 

このようなことが原因で、お子さんが片付けられない状態に合っているような気がしたら、ADHD、ADDを疑ってみてください。

片付けられない=ADHD、ADD!?

@片付けられない≠ADHD、ADD
上記のような状態の場合は、ADHD、ADDが背景にあるのかもしれない、と思ってください。

 

でも、そういった兆候がないにもかかわらずただ単に片付けられないという場合は、ADHD、ADDとは言えない可能性があります。

 

A性格、環境も関与
要はお子さんの性格が細かいことが気にならない性格なのかもしれません。あるいは、大人など周りが片付けてしまい、あまり片づけるという経験がなかった、片付け方がわからない、など、他にもさまざまな理由があるのです。

 

 

このように、片付けられないと一言に言っても、だからADHDやADDとは限らないのです。

 

ここをしっかり理解し、不必要に心配しすぎないようにしてくださいね。もし、診断に当てはまる場合でも、それに応じた解決法があります。だから、不安になりすぎないようにしてくださいね。