ADHDのお子さんの服にまつわるお悩みを徹底解説

さて、今回のADHDのお子さんをもつお母さんからのご質問はこちらです。

 

「すぐに服が散らかるし着替えをスムーズにできない我が子、どうにかできない!?」

 

です。以外と本などには書いていないけれど、お母さんとしては毎日のことで結構負担に・・・

 

そこで、今回は、ADHDのお子さんに合った服にまつわるお悩みの解決法をお教えします!

ADHDのお子さんの洋服にまつわるよくある3つのお悩み

@場所がわからなくなる
ADHDのお子さんは、部屋が散らかっていることが多いですよね。だからお母さんが用意しておいても、その服がどこにあるかわからなくなることがよくあります。

 

また、自分で服を準備しているお子さんの場合は、好きな服を出そうと探しているうちにタンスの中がぐちゃぐちゃ、どこにあるのかわからなくなってしまう・・・なんてことがよくあります。

 

A服を脱ぎ散らかす
よくあるお悩みですが、帰宅して帰ってきたあと、暑くて脱いだあと、服を汚してしまったあと、お風呂に入る前など、洋服を脱ぐと、つい脱ぎっぱなしにしてしまうことがよくあります。

 

リビング、廊下、自分の部屋などありとあらゆる場所に服を脱ぎ散らかしてしまい、お母さんも洗濯が大変・・・

 

B着替えを後回しにしてしまう
着替えることをついつい面倒くさくなって後回しにしたり、忘れたりすることがよくあります。

 

着替えておいてね、とお子さんに伝えてお母さんが朝準備ができて声をかけるも、まだ何も着替えていない、ということがよくあります。急いでいる朝には、お母さんのイライラも募ります。

3つの服にまつわる問題の解決法

@しまい方、量に注意
タンスの中にしまう場合、しまい方に注意しましょう。例えば、上から重ねて置くのは厳禁です。なぜなら、お子さんが一目みて下の服まで想像できないから。結果、全部出してしまい、しまえない状態が起こります。

 

つまり、たたんだ服をコンパクトに立てて、前から後ろへと置いてみてください。そうすると、自分の着たい服が一瞬で見えるし、取り出しやすい!

 

また、量は、少なすぎず多すぎず、一枚服をとってもくずれにくいくらい、7分くらいの収納を目指してみてください。

 

Aよく脱ぐ場所にかごを用意!
お母さんとして、できれば脱いだら洗濯機のところにもってきてほしい、一箇所にまとめてほしいと思いますよね。でも、ADHDのお子さんは忘れてしまうことがよくあります。

 

だから、できれば洗濯カゴに入れてね、とはいいます。そしてできたら思いっきりほめます。でもできなくても、いそいでいる時などは、ここでもいいよ、ということで、よく脱ぎそうなところにカゴを置きます。

 

リビングや廊下などはひと目にもつきますよね。だから、ちょっとおしゃれな木製のバスケットにするなど、見ばがいいものを準備するとおすすめ。

 

お子さんに床や色々なところに置かないような癖をつけることができます。

 

Bお着替えカードを渡す
ADHDのお子さんはどうしても、言われたことがすぐできなかったり、忘れてしまいがち。そこで、お子さんの好きなキャラクターを台にしたカードなどに、洋服の絵を書いて、お着替えカードを作ってみては!?

 

ただ、お母さんに言葉で言われるよりもずっと頭に残るし、意欲も出て一石二鳥。お着替えカードと洋服を渡して8時までに着替えてね、などと言って様子を見てみます。

 

できていたら、たっぷりほめてあげて次につなげます。

 

いかがでしたか?ちょっとした工夫でADHDのお子さんの洋服にまつわるお悩みからも解放されると思います。できたスキマ時間でお母さんも余暇をもてるかも!?