トイレの水を流したがる自閉症スペクトラムのお子さんへの対処法

さて、今回ご質問に来られたのは、自閉症スペクトラムのお子さんを持つお母さんです。

 

「トイレの水を何度も流したがるのでやめさせたい・・・」
です。

自閉症スペクトラムのお子さんがトイレの水を何度も流したがる理由

@水を好む場合が多いから
自閉症スペクトラムのお子さんに限らず、子どもは小さいほど水で遊ぶのが大好き。感触を楽しんでいるところもあるのです。

 

特に、自閉症スペクトラムのお子さんは感覚が敏感です。それだけではなく、感覚を使った遊びが大好き。だから、水の流れる音、流れる水を見るのが好きなことがよくあります。

 

A繰り返しを好むから
自閉症スペクトラムのお子さんは他の人がよく何回もやっても飽きないなぁと思うくらい、何度も自分の気が済むまで行うことを好むことがよくあります。

 

B回るものが好きだから
自閉症スペクトラムのお子さんは、くるくる回るものが大好き。夏になると扇風機をずっと見ているなんてお子さんもいます。

 

水が流れるときに、くるくる回って流れているのを観察するのも大好きです。

 

そうはいっても水道代、時間もかかりますよね。だから、お母さんとしてはなるだけやめさせたいと思ってしまいますよね。

 

でもすぐにやめさせようとするとパニックになってしまうし・・・
でも大丈夫です。

トイレの水を流すのをやめさせる方法

◎時間、回数を決める
できればお母さんやお子さんがトイレをした後に流すのをやらせるのが得策です。でも中々そうもいきませんよね。そこで、トイレをした後に流すの以外は、一日3回まで、などと制限を与えます。

 

お子さんがトイレの水のことに何も関心のない時、落ち着いている時に約束させます。例えば朝の時間帯は一回まで。など、時間帯で決めるのも効果的。

 

とにかく時間と回数を決めます。お子さんと一緒に話し合って決めるのも効果的。

 

◎代替え案を与える
例えばお風呂で遊ぶおもちゃで、水を入れるとくるくる回るものなど、水と回るものが組み合わさったおもちゃがたくさん出ています。だから、そのようなものを用意してあげるのも手です。

 

こんな感じで、一度ぜひ試してみてください!そのうち気がついたらトイレの水とは違ったことにまた興味が出てくるはず!