眼球運動がうまく働いていないと、読み間違いや適当に読んでしまいがち

学習障害のお子さんに、眼球運動の働きがうまくいかないことがよくあります。
眼球運動がうまく働いていないと、読み間違いや適当に読んでしまったりしがちです。
まず、どの眼球運動の種類が苦手なのかをチェックした後は、それに合わせたトレーニング法が必要です。

 

チェック方法は前記事を参照
【長文を読むのが苦手】読むことが苦手なお子さんへの3つの眼球運動チェック法

 

そこで、具体的な眼球運動のトレーニング法についてご紹介。
これを知らなきゃせっかく改善できる能力がそのままで、お子さんも読むことにずっと抵抗を持つことに・・・

3つの種類別眼球運動のトレーニング法

追従性の眼球運動に問題があった場合

まず、1〜2cmくらいの何でもいいので指標、好きなキャラクターのマスコットや消しゴムなどを用意します。

 

そして、指標を眼で追うトレーニングを行いましょう。頭を動かさず、あくまで眼だけで追えるようにします。

 

つまり、頭や顔全体を動かして見ることは、眼球運動ができていないことになるのです。だから、眼でキョロキョロと左右縦横動かした指標を見る訓練をします。

衝動性の眼球運動に問題があった場合

視線を一気に動かせるようにする訓練が必要です。
まず、卓球のピンポン玉やテニスボール位の指標を用意します。

 

そして、その指標を少し斜めになった所から転がして、指でその動く指標をタッチします。
もし、中々うまくいかない場合は、傾斜をつけずに行なってみます。

 

また、テニスボールなどを上からつるして、揺らして手でタッチします。

 

これを繰り返すことで、段々と眼球を上手にすばやく動かせる力がつきます。

両眼の眼球運動のバランスが悪かった場合

大体1cmくらいの大きさの好きなキャラクターのマスコットなどを棒につけます。

 

そして、自分で持って段々と両眼の間にゆっくり近づけていきます。

 

これを繰り返して、両眼を寄せる力をつけます。

眼球運動のトレーニング法まとめ

これらのトレーニングを毎日5分から10分行なってみましょう。

 

もし眼が疲れる場合は、最初は1、2分から始めて、慣れてきたら時間を増やしていきましょう。

 

ポイントは頭や顔を動かさないことです!

 

これらの方法は、誰が行なっても眼球運動のトレーニングになります。
だから、おうちで家族みんなで楽しみながらゲーム感覚でやることもおすすめです!

 

結果、本人の眼球運動が鍛えられるだけでなく、家族のだんらんにもつながるかも!?